https://blogcircle.jp/commu/71/topic/11

s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

はたして本当に競馬で儲けることは可能か – 目黒記念

今週末の「目黒記念」について、データ面から検証してみた。

ハンデ戦ということもあってか、過去10年で単勝7番人気以下の馬が8頭連対と、伏兵が台頭するケースが多い。過去10年の年齢別成績を調べると、好成績を残しているのは4歳馬と5歳馬。特に2着馬は、10頭中9頭が4、5歳の馬となっている。過去10年で単勝1番人気馬は1勝、2着5回、3着1回という成績だったが、単勝オッズ別の成績を調べてみると、1番人気で2着に入った5頭はいずれも3.9倍以下だった。ハンデキャップ重賞だけに、負担重量別の成績も調べてみると、ハンデ53㎏以下だった馬は延べ28頭いたが、2着以内に入ったのは2010年2着のイケドラゴン(51㎏)と、2011年の優勝馬キングトップガン(51㎏)だけだ。また、57㎏の馬が上々の成績となっているのに対し、57.5㎏の馬が全て4着以下に敗れている点は気になるところだ。過去10年の目黒記念では、「5走前までに条件クラスの2000メートル以上のレースを制していた」という馬が毎年連対している。過去10年の目黒記念では、「5走前までにハンデ戦のGⅢに出走していた」という馬が2008年と2013年を除いて1頭ずつ連対している。

今回人気になりそうな馬はパフォーマプロミスチェスナットコートフェイムゲーム辺りになりそうだが、荒れそうな一戦だけに伏兵が居るのか。当日までに洗い出しをしてみます。

「有力出走馬情報等」

パフォーマプロミス

体質の弱さがあり、3&4歳時には、合計で僅か4戦しか走れなかった。そんな馬が成長し、6歳春にして初重賞制覇(前走の日経新春杯)を成し遂げるまでになるのだから、たいしたものだ。前走で見せた、パワーとキレを兼備した印象の末脚は、父ステイゴールド&母父タニノギムレットの良い面の融合だろうか。これから先も注目したい一頭だ。

チェスナットコート

G1初挑戦となった先日の「天皇賞春」。2走前「日経賞」(2着)からの一気の相手強化、また初めて背負う斤量の58㎏も含め、かなり厳しい条件下でのレースだったが、直線では外から堂々の末脚!「輝かしい未来」を感じさせてくれる0.3秒差の5着だった。ここは前走と比べると大幅に戦いやすくなるメンバー構成だし、鞍上・蛯名との相性もピッタリ。堂々の主役としてレースに挑む。

フェイムゲーム

ダイヤモンドステークス(1着)の快勝を収めた昨年に続いて2連覇を狙うことになるが、8歳を迎えた現在においても、全く衰えをしらない。その証明こそが今年2月の前走であり、58.5㎏のトップハンデを背負ったにもかかわらず、上がり3ハロン最速の末脚で完勝を収めた。元々は後方から末脚を活かしてのタイプだったが、2走前には好位でのレースでも好走するなど、脚質の幅も広がっている点も強調したい。

サウンズオブアース

前走のG1「有馬記念」において、キタサンから0.6秒差でまとめたという走りは、非常に価値があるのではないだろうか。4角15番て通過だったが、非常に良い脚を使っていた。一昨年の「ジャパンC」で2着に入るなど、東京コースとの相性も非常に良いだけに、普通に考えれば上位候補の一頭だろう。

ロードヴァンドール

昨年末のGⅢ「中日新聞杯」で3着を確保したほか、2走前のGⅡ「日経新春杯」でもパフォーマプロミス相手にタイム差なしの2着に健闘するなど、2000m以上の重賞レースで水準以上の走りを見せている5歳牡馬。前走のGⅡ「日経賞」は4着に敗れたが、このレースはキセキが暴走気味の捲りを打ち、レースの流れがかき乱される、というレアな決着になった事も有り、前走よりも後続のマークが緩みそうな今回は逃げ切り勝ちを期待できる状況なのでは。

コルコバード

目黒記念が重賞レース初出走となる格下の存在では有るが、世界的名手・ムーア騎手と初コンビを組んだ3走前の500万下から3連勝を決めているように、メンバー中ナンバーワンの勢いを誇っている5歳牝馬。一気の相手強化に対応できるかどうかというところが最大のポイントにはなるが、東京芝コースでは【4-2-1-0】で複勝率100%という好結果を残している。2400m戦でも道中でズブい面を見せるタイプから、2500mへの距離延長でこれまで以上のパフォーマンスを発揮する可能性も十分考えられる。

カラビナ

前走の「サンシャインステークス」では有馬記念と同じ条件である中山芝2500mのレースを快勝。晴れてオープン入りを果たした同馬だが、スピード条件ではどうしても劣ってしまうだけに、東京芝2500mというスタミナ条件は歓迎材料。日経新春杯では負けはしたが、ここは格好をつけたいところだ。

ゼーヴィント

前走は「日経賞」に出走し0.4差の6着に終わる。これまでラジオNIKKEI賞七夕賞を勝っており右回りのほうがパフォーマンスが高そうな印象が強い。ある程度の人気になるとは思うが、左回りの2500Mでは多少割り引いたほうが良さそうだ

ポポカテペトル

前走は京都芝2400Mの「烏丸S」を使い1着。3歳秋に超極悪馬場の「菊花賞」G1で3着の実績があるが、その後自己条件の準オープンを勝ち上がるのに4戦を要した。ハンデには多少恵まれそうだが、まだまだ実績不足は否めない。

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

[http:// ]

[http:// ]

はたして本当に競馬で儲けることは可能か – 東京優駿 日本ダービー

今週末の「東京優駿 日本ダービー」について、データ面から検証してみた。

ついに今週末は全てのホースマンが夢見るダービー。狭き門をくぐり抜けてきた3歳世代の精鋭たちによって争われる。過去10年で単勝1番人気馬は8頭が3着以内に入り、そのうち4頭が栄冠を手にしている。その一方で、単勝6番人気以下の馬が9頭3着以内に入っており、前評判の低い馬の好走が多い点も見逃せない。

過去10年の出走馬について前走の単勝人気別に成績をまとめると、「3~5番人気」の各組の勝率が10%を超えている。また、連対率では「1~5番人気」の各組が10%を超えている一方で、「6~9番人気」・「10番人気以下」は3%未満にとどまっている。

過去10年の出走馬について前々走のレース別に成績を調べると、3着以内馬の大半は前々走が弥生賞スプリングSなど、芝1800~2000メートルの重賞だった。

過去10年の出走馬について、芝2000メートル以上の重賞での最高着順別に成績をまとめると、優勝馬10頭中8頭は芝2000メートル以上の重賞で「1着」となった実績を有していた。「1着」組は3着内率で40%を超える高い数値をマークしている。また、連対馬では20頭中17頭が最高着順「1~4着」の馬だった。芝2000メートル以上の重賞で上位に入った実績のある馬は、高く評価すべきだろう。2009年以降の優勝馬9頭は、いずれも前々走の単勝人気が4番人気以内で、着順が2着以内だった。

[http:// ]

今回人気が予想されるのは、皐月賞を挫跖のため出走を見送った、昨年の朝日杯フューチュリティSを優勝して同年度のJRA賞最優秀2歳牡馬を受賞したダノンプレミアム皐月賞エポカドーロ、無傷の3連勝で重賞タイトルを獲得したブラストワンピースか。

「出走有力馬情報」

ダノンプレミアム

6F84秒0〜1F11秒7     

無念の「皐月賞」回避から1ヶ月半、ようやく、世代最強馬が真の力を見せる時がやってきた。2歳王者の栄光を掴んだ昨年暮れ「朝日杯フューチュリティステークス」そして前走「弥生賞」の快勝から、少なくとも2000Mまでなら、抜けた力の持ち主であることは間違いない。好位から抜け出せる安定した脚質も魅力的だし、まともに回ってくることさえできれば勝負出来るできだ。

エポカドーロ  

57秒9―13秒2

ダノンプレミアムの回避により大混戦と言われた「皐月賞」を制したのが、この馬。稍重の馬場をものともせずに、好位4番手追走から、直線で抜け出した結果自体は本当に素晴らしいと思う。だが一方、ハイペースで走った前の3頭に対し、エポカドーロはスローの第2集団の先頭、つまり楽な流れで走っていたことも確かだ。真価が問われるのは、今回なのかもしれない。 

ブラストワンピース 

6F80秒0〜1F12秒5

 2走前「ゆりかもめ賞」を上がり3ハロン最速タイムの爆発的な末脚で制したかと思えば、前走の重賞「毎日杯」では、好位2番手追走から、早め抜け出しで2着馬に2馬身差の圧勝。前に行って良し、差して良し。自在の脚質、爆発力の両面は、皐月賞上位組に匹敵するものであり裏路線からのダービー制覇の可能性は十分にある。

ワグネリアン

クラシックでの1番人気という名誉と重圧を乗り越えることができず、7着に敗れてしまった「皐月賞」。関係者は悔しかっただろうが、必要以上に悲観することはないだろう。基本的にエンジンのかかりが遅いため中山向きではないだろうし、馬場が緩かった点もこの馬には合っていなかったように思う。今振り返っても、昨秋「東スポ杯2歳S」の勝ち方はインパクトがあったし、東京で逆襲を狙う。

ステルヴィオ

ダノンプレミアムが不在となった「皐月賞」で、上位人気に支持された3頭の中では最先着を果たしたのが、この馬だ。4角13番手通過から、上がり3ハロンでも最速タイムを使っていたように、上位3頭との差は、位置取りだけだろう。2走前「スプリングS」ではエポカドーロに先着して優勝していたのだし、改めての高い評価が必要だ。

サンリヴァル

皐月賞では9番人気の低評価を覆す形で2着に激走した。安定した走りを続けていた一方、突き抜ける脚を備えるタイプではないため目立たずにいたが、大混戦だったからこそ、安定感、そして中山芝2000Mを使い続けていた経験が活きたのかもしれない。とはいえ、鞍上の藤岡佑介騎手はレース後「ギアがもうひとつあれば」と語っていた。その成長がどうか。

キタノコマンドール

今や、馬としての能力が本物であることを疑う人はいないだろう。それくらい、前々走「すみれステークス」で見せた、楽な手応えでの差し切り、そして「皐月賞」では5着に敗れたとはいえ、ステルヴィオと同じく上がり最速の脚で追い込んだ姿にはインパクトがあった。ダービー2勝実績を誇る鞍上デムーロがどう乗るかが鍵か。

ジェネラーレウーノ

実は「皐月賞」において、上位2頭よりも強い競馬を見せていたのはこの馬。というのも、厳しいハイペースで飛ばした先頭集団3頭の一角でありながら、最後まで大崩れすることなく、3着に粘ったからだ。競馬において結果が最も大事であることは確かだが次に目を向けるという意味では内容の大事さも負けてはいない。前走で見せた強さを、今度は勝利という結果で示せるか。

ゴーフォザサミット

2走前の「スプリングS」で7着に敗れた時点では、まさか「ダービー」で有力候補の一頭にまで浮上するとは予想していなかったが、「スプリングS」から「青葉賞」までの僅か1ヶ月間の急成長ぶりが凄まじい。残り1ハロンから後続を2馬身突き放した迫力ある走りは、強さ、そして東京芝2400Mに対する適性の高さをハッキリと感じさせるものだ。

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

[http:// ]

[http:// ]

 

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 5/20 - 結果

本日の結果です。m(>o<)m       

本日は今までで一番最低の結果になってしまいました。この分は週末取り返すように頑張ります。

京都01R   ----

新潟02R   ----

東京04R   的中   2.8倍

京都06R   的中   8.0倍

東京08R   的中  10.7倍

京都09R   的中  12.4倍(④除外)

東京09R   ----

東京10R   ----

新潟11R   ----

京都11R   ----

東京11R   ----

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

[http:// ]

[http:// ]

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 5/20 - 午後レース

おはようございます。本日午後のレースから5レース提供させて頂きます。興味が有る方は参考にしてみて下さい。

 

京都06R ①⑧④⑪  BOX   ①⑧-②⑥      10点

 

東京08R ⑦⑪①⑮  BOX   ⑦⑪-⑩⑯      10点

 

京都09R ②③⑤⑥  BOX   ②-④①⑧ ③-④  10点

 

東京09R ②①④⑨  BOX   ②①-⑦⑤      10点

 

東京10R ⑱⑦⑨⑤  BOX   ⑱⑦-④⑯      10点

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

[http:// ]

[http:// ]

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 5/20 - 東京メイン

東京11R「オークス

今日も買目だけのつもりで居たのですが、ちょっとだけ・・。

個人的には買目に入れてしまいましたが、アーモンドアイは消してもと思っていましたが、オッズ的には逆らえそうも無いので、押さえに回しましたが、逆に余裕の有る方は③ マウレア、超穴で⑨ シスターフラッグ、馬体重が回復していれば⑤ カンタービレ等のが有るのではと思っています。

結 論    ②⑧①⑪  BOX   ②⑧-⑥⑬     10点

 

東京04R   ⑫⑪②⑨  BOX   ⑫-⑧⑥⑩ ⑪-⑧    10点

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

[http:// ]

[http:// ]

 

はたして本当に競馬で儲けることは可能か – 5/20 – 京都メイン

京都11R「下鴨ステークス」

今日も買目だけでm(>o<)m 

結論     ⑩①⑥⑪  BOX   ⑩①-⑤⑧    10点

 

京都01R   ②⑧⑨③  BOX   ②⑧-⑤⑩    10点

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

[http:// ]

[http:// ]

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 5/20 – 新潟メイン

新潟11R「韋駄天ステークス」

今日も買目だけでm(>o<)m

結 論    ⑨⑮④⑪  BOX   ⑨⑮-①⑫     10点

 

新潟02R   ⑤②⑦⑮  BOX   ⑤-④⑧⑪⑬    10点

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

[http:// ]

[http:// ]

ブロトピ:ブログ更新しました♪ ブロトピ:競馬予想 ブロトピ:旅行