https://blogcircle.jp/commu/71/topic/11

s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

レース見解

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 阪急杯 - 個人見解等

今週末の阪急杯・・阪神競馬場、芝1400mで行われるG3。 巷では、昨年3着にブビーが絡んだ事も有り、荒れるレースと言う印象のようだが、そこそこの人気馬が来ていると言うのが現実では無いのかな。 また、今回人気馬の死角を探せば、レッドファルクスにつ…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 阪急杯

今週末の「阪急杯」について、データ面から検証してみた。 阪急杯は、高松宮記念や安田記念といった春の短距離戦線の大舞台を目指す4歳以上の強豪が激突する一戦だ。過去10年で単勝1番人気馬は2勝2着2回と、その信頼度は高くない。過去10年の出走馬について…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 中山記念 - 有力馬陣営情報

中山記念の有力馬陣営コメントです。参考にしてみて下さい。 ペルシアンナイト 1週前追い切りの動きは良かった。全体的に成長している。 アエロリット 前走は馬場が悪くて展開もきつかったから仕方ない。中間は目の外傷があって時間がかかったが、1週前の雰…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - フェブラリーステークス

blogcircle.jp ブロトピ:重賞レースポイント&回顧 今週末の「フェブラリーステークス」について、データ面から検証してみた。 過去10年の馬番別成績を調べると、優勝馬10頭中9頭は「1~4番」または「13~16番」の馬で、勝率と連対率ではこの2組が「5~8番…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 小倉大賞典

今週末の「小倉大賞典」について、データ面から検証してみた。 小倉大賞典では、2006年から12回連続で単勝6番人気以下の馬が2着以内に食い込んでいる。過去10回の単勝オッズ別成績を調べると、「2.9倍以下」の支持を集めた馬は6頭中5頭が3着以内に入っている…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 京都牝馬ステークス

今週末の「京都牝馬ステークス」について、データ面から検証してみた。 京都牝馬Sは、4歳以上の牝馬にとって上半期の大目標となるヴィクトリアマイルへ向けた牝馬限定重賞の一つに数えられる。近走の重賞での成績でみると優勝馬10頭は全て最高着順が5着以内…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か – ダイヤモンドステークス

今週末の「ダイヤモンドステークス」について、データ面から検証してみた。 近年のダイヤモンドSは比較的順当な決着が続いている。過去10年の3着以内馬延べ30頭中23頭は、前走の着順が「5着以内」だった。一方、「6着以下」だった馬は3着内率10.0%と苦戦して…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - クイーンカップ

今週末の「デイリー杯クイーンカップ」について、データ面から検証してみた。 過去10年のクイーンCの優勝馬は、全て単勝4番人気以内だった。また、過去10年の馬番別成績を内から2番ごとに区切ってまとめてみると、好相性の馬番とそうでない馬番が分かれて偏…

京都記念 - 有力馬コメント

京都記念の有力馬陣営コメントをUPしましたので、興味が有る方は参考にしてみて下さい。 レイデオロ 時計はそれほど速くならないだろうし、京都の外回りコースもいいと思う。 アルアイン 1週前は長めからビッシリとやったし、当週はさらに動けるようになると…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 京都記念

今週末の「京都記念」について、データ面から検証してみた。 過去10年の出走馬の年齢別成績をまとめてみると、優勝馬10頭のうち9頭は4、5歳馬。6歳以上の馬で優勝したのは、2014年のデスペラード(6歳)だけ。しかし、2着には6歳馬が5回も入っている点は覚え…

共同通信杯 - 1週前追い切り情報

共同通信杯 有力馬の1週前追い切り情報です。興味が有る方は参考にしてみて下さい。 グレイル 1/31 栗CW良 強め 80.1 65.0 50.1 36.9 11.7 馬なりに追われた1000万ノースウッドと併せて、内を0.9秒追走して1.3秒の先着。 ゴーフォザサミット 1/31 美南 良 …

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 共同通信杯

今週末の「共同通信杯」について、データ面から検証してみた。 過去10年の3着以内馬30頭中15頭は、JRAのレースでの連対率が「80%以上」だった。該当馬は3着内率41.7%と好走率も優秀だ。ちなみに、出走馬の中に該当する馬がいなかった2013年を除くと、2010年…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - きさらぎ賞

今週末の「きさらぎ賞」について、データ面から検証してみた。 過去10年の出走馬の通算出走回数別に成績を調べると、キャリア「1戦」ならびに「7戦以上」だった馬は全て4着以下に敗れている。戦績を比較する際は、キャリア「2~4戦」の馬を重視したいところ…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 東京新聞杯

今週末の「東京新聞杯」について、データ面から検証してみた。 過去10年の出走馬について、前走の単勝人気別に成績を調べると、優勝馬10頭は全て前走で「2~9番人気」だった。その中でも「2番人気」組が勝率でトップに立っていることと、「6~9番人気」組が3…

根岸ステークス - 陣営コメント

根岸ステークスの有力馬陣営コメントです。参考にしてみて下さい。 サンライズノヴァ 1週前はいい動きだった。前走後は放牧へ。追い切り3本で使うからどうかと思ったが、この感じだと当週やれば態勢は整うはず。千四も3走前に走ったしね。フェブラリーSに使…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - シルクロードステークス

今週末の「シルクロードステークス」について、データ面から検証してみた。 過去10年の3着以内馬延べ30頭中23頭は、前走の着順が「5着以内」だった。一方、「6着以下」だった馬の3着内率は9.7%にとどまっている。基本的には前走好走馬が強いレースと言えそう…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 根岸ステークス

今週末の「根岸ステークス」について、データ面から検証してみた。 新春の東京開催の開幕週に行われる根岸Sは、3週間後のフェブラリーSを視野に入れる馬が出走する重賞。昨年は根岸Sの1、2着馬が共にフェブラリーSで3着以内に入り、一昨年はモーニンが根岸S…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 東海ステークス

今週末の「東海ステークス」について、データ面から検証してみた。 過去5年の単勝人気別成績を調べると、優勝馬は「1番人気」と「4番人気」からしか出ていない。しかも、「1番人気」は3着内率100%と安定感もある。2016年を除く年では「8番人気以下」の馬が3…

アメリカジョツキークラブカップ - 有力馬陣営コメント

アメリカジョツキークラブカップの有力馬コメントです。参考にしてみてください。 ゴールドアクター 1週前追い切りは相手が動いたし、遅れたのは仕方ない。ここまで順調に来ている。休養が長くなったけど、いい競馬をしてくれると思う。 ミッキースワロー 菊…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - アメリカジョツキークラブカップ

今週末の「アメリカジョツキークラブカップ」について、データ面から検証してみた。 アメリカジョッキークラブCでは、昨年まで4年連続で単勝7番人気以下の馬が3着以内に入っている。過去10年での4歳馬の優勝はゼロ。2000年までは若い世代が優勢という傾向が…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 日経新春杯

今週末の「日経新春杯」について、データ面から検証してみた。 過去10年の年齢別成績を調べると、3着内率がもっとも高いのは「4歳」、2番目に高いのは「5歳」で、共に30%を超えている。一方、「6歳」は17.2%、「7歳」は3.4%にとどまっているうえ、「8歳以上…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 京成杯

今週末の「京成杯」について、データ面から検証してみた。 皐月賞と同じ中山の芝2000mが舞台となる一戦であり、クラシックタイトルを狙う馬たちにとって重要な一戦となっている。 過去10年の出走馬について、デビューした月別に成績をまとめると、優勝馬10頭…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 愛知杯

今週末の「愛知杯」について、データ面から検証してみた。 波乱の決着が続いている、牝馬限定のハンデキャップ重賞レース。 過去10回の3着以内馬延べ30頭中16頭は、「JRAの2歳限定を除く重賞」で優勝経験のある馬だった。該当馬は3着内率も34.8%と優秀な水準…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - シンザン記念

今週末の「日刊スポーツ賞シンザン記念」について、データ面から検証してみた。 近年のシンザン記念好走馬には、2012年の優勝馬ジェンティルドンナ、2014年の優勝馬ミッキーアイル、2011年の2着馬オルフェーヴルなど、その後にGⅠの舞台で活躍した馬が名を連…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - フェアリーステークス

今週末の「フェアリーステークス」について、データ面から検証してみた。 2009年から1月の中山・芝1600mで行われているが、それ以降は単勝7番人気以下の馬が3着以内に12頭も入っており、そのうち優勝馬4頭を含む8頭は10番人気以下だったように、波乱の決着が…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 京都金杯

今週末の「スポーツニッポン賞京都金杯」について、データ面から検証してみた。 過去10年の3着以内馬延べ30頭中24頭は、枠番が「1~4枠」だった。一方、「5~8枠」だった馬は3着内率7.1%と苦戦している。今年もまずは内寄りの枠に入った馬に注目したい。なお…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 中山金杯

今週末の「日刊スポーツ賞中山金杯」について、データ面から検証してみた。 中山金杯は、かつては高配当が飛び出すことも多かったが、2012年以降は10番人気以下の馬が3着以内に入っておらず、比較的順当な結果が続いている。それでもやはり、ハンデキャップ…

ホープフルステークス - 追い切り・陣営コメント

ホープフルステークスの有力馬、追い切り・コメントを抜粋してみましたので、参考まで。 ジャンダルム栗東・CW・良6F 83.0-65.8-51.3-38.1-11.6 「元々素軽い動きをする馬だけど、動きはさらに良くなった。前走がセンスを感じさせる内容。2000メートルの…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - ホープフルステークス

28日の「ホープフルステークス」について、データ面から検証してみた。 4月の大阪杯と同じく、このホープフルSも今年からGⅠに昇格したレースだ。そして、2014年から現在のレース名に変更のうえ、中山・芝2000mを舞台に行われている。 過去10年の出走馬の通算…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 阪神カップ

今週末の「阪神カップ」について、データ面から検証してみた。 2006年に創設された阪神Cは、波乱の決着が目立つレースである。過去11年の優勝馬延べ11頭中、単勝1番人気の支持を集めていたのは2007年のスズカフェニックスと2009年のキンシャサノキセキだけで…