s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

レース見解

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 富士ステークス

今週末の「富士ステークス」について、データ面から検証してみた。 ここ2年は単勝4番人気以内の馬が3着以内を占めているが、過去10年のうちの5年で10番人気以下の馬が3着以内に食い込んでいる。過去10年の単勝人気別成績を調べると、優勝馬は全て6番人気以内…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 菊花賞

今週末の「菊花賞」について、データ面から検証してみた。 今年は日本ダービー上位馬が揃って不在。1着レイデオロはジャパンC出走を早々に決め、2着スワーヴリチャードは調整が間に合わずアルゼンチン共和国杯で復帰、3着アドミラブルに至っては故障で3歳シ…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 府中牝馬ステークス

今週末の「府中牝馬ステークス」について、データ面から検証してみた。 過去10年の府中牝馬Sでは、単勝1番人気馬および2番人気馬の勝利がゼロ。2005年に1番人気馬が、2006年に2番人気馬がそれぞれ優勝しているが、ここ10年は2着が最高となっている。単勝オッ…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 秋華賞

今週末の「秋華賞」について、データ面から検証してみた。 過去10年の出走馬について、前走の着順別成績をまとめると、好走率で「1着」組が「2着以下」組を上回っている。前走で「2着以下」に敗れていた馬について、そのレースの勝ち馬とのタイム差別に成績…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 京都大賞典

今週末の「京都大賞典」について、データ面から検証してみた。 過去10年の出走馬の前走の月別成績を調べてみると、前走「6月」組が好走率でトップとなっている。また、連対率・3着内率では「同年4月以前」組も上位となっており、休養明けで京都大賞典に出走…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 毎日王冠

今週末の「毎日王冠」について、データ面から検証してみた。 前走の着順別成績を調べると、前走で「1着」だった馬が3着内率38.7%と優秀な成績を収めている。今年もまずは前走を勝っていた馬に注目すべきだろう。なお、前走の着順が「2着以下」だった馬は評価…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - サウジアラビアロイヤルカップ

今週末の「サウジアラビアロイヤルカップ」について、データ面から検証してみた。 本競走は、2013年までオープン特別として行われていたいちょうSが2014年に重賞に格上げされ、翌2015年にサウジアラビアロイヤルカップに改称されて行われているが、オープン…

凱旋門賞 - 海外競馬

今週末の「凱旋門賞」 凱旋門賞は昨年2着のハイランドリール(牡5)と英ダービー2着馬クリフスオブモハー(牡3)のオブライエン厩舎2頭が28日、出走を取り消した為、18頭立てになるようだ。 一番人気になりそうなエネイブルのレーティングは126なのだ…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - スプリンターズステークス

今週末の「スプリンターズステークス」について、データ面から検証してみた。 下位人気馬の食い込みが目立つ秋の短距離王決定戦だ。昨年は単勝9番人気のソルヴェイグが3着に入り、一昨年は1番人気に推されたストレイトガールが優勝したものの、2着が11番人気…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - シリウスステークス

今週末の「シリウスステークス」について、データ面から検証してみた。 2007年に距離がダート2000mに延長されて以降の優勝馬10頭のうち、6頭は前走で1600万下クラスのレースに出走していた馬で、新興勢力が秋の大舞台へ向けて飛躍を果たすケースが目立つレー…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 産経賞オールカマー

今週末の「産経賞オールカマー」について、データ面から検証してみた。 昨日、個人的には非常に相性の良いレースで、過去には高配当を GETしている事を書いたが、過去10年に限って言えば、単勝6番人気以下の馬は4頭しか連対していない。 3着には6番人気以下…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 神戸新聞杯

今週末の「神戸新聞杯」について、データ面から検証してみた。 過去10年の優勝馬10頭中、2007年のドリームジャーニーを除く9頭は「同年4月以降の1600万下から上のクラスのレース」において連対経験のある馬で、4月以降に上級条件のレースで優勝を争ったこと…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 朝日杯セントライト記念

今週末の「朝日杯セントライト記念」について、データ面から検証してみた。 過去10年の3着以内馬30頭中15頭は、JRAの重賞で優勝経験がある馬だった。また、過去10年の3着以内馬30頭中14頭は、日本ダービーに出走経験がある馬だった。ポジションとしては過去1…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - ローズステークス

今週末の「ローズステークス」について、データ面から検証してみた。 過去10年の出走馬について、前走の競馬場別成績をみてみると、3着以内馬の半数(15頭)は「東京」組となっており、同組は好走率でも上位の数値をマークしている。夏のローカル開催を経由…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 京王杯AH

今週末の「京王杯AH」について、データ面から検証してみた。 中山・外回り芝1600mで行われる京成杯AHは、秋季競馬の開幕週を彩る名物重賞であると同時に、サマーシリーズの最終競走でもある。 過去10年の出走馬について通算出走数別成績を調べると、「11…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - セントウルステークス

今週末の「セントウルステークス」について、データ面から検証してみた。 秋の阪神競馬の開幕週に行われるセントウルSは、サマースプリントシリーズの最終戦であり、3週間後に行われるスプリンターズSの前哨戦でもある。 過去10年のセントウルSにおいて、単…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 紫苑ステークス(9日土曜)

今週末の「紫苑ステークス」について、データ面から検証してみた。 紫苑Sは昨年からGⅢに格上げされ、2着馬のヴィブロスが次走で秋華賞を制覇した。重賞になったことで、秋華賞のトライアルとしてより注目度が増したと言える。過去10年の出走馬について、前走…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 新潟記念

今週末の「新潟記念」について、データ面から検証してみた。 過去10年のうち6年で、単勝5番人気以下の馬が1、2着を占めた歴史が示すとおり、混戦になる傾向が強い重賞だ。人気別成績としては、単勝1、2番人気馬はその支持に応えているとは言い難く、活躍が目…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 小倉2歳ステークス

今週末の「小倉2歳ステークス」について、データ面から検証してみた。 2000年以降の当レースの連対馬34頭中、3分の1以上にあたる12頭は、このレース以降翌年までにJRAのGIかGIIを制している。昨年の小倉2歳Sで重賞初制覇を果たしたレーヌミノルも、今春に桜…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 札幌2歳ステークス

今週末の「札幌2歳ステークス」について、データ面から検証してみた。 2008年の札幌2歳Sを制したロジユニヴァースが翌年の日本ダービーを制覇したのをはじめ、札幌2歳Sで上位争いに加わった馬が、翌年のクラシック戦線で活躍する例は少なくない。まさに、3歳…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 新潟2歳ステークス

今週末の「新潟2歳ステークス」について、データ面から検証してみた。 過去10年の単勝人気別成績を調べると、優勝馬10頭のうち9頭が4番人気以内の馬となっており、中でも1番人気馬が4勝を挙げている。それに対して、2番人気馬が2着以内に入っていない点は気…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - キーンランドカップ

今週末の「キーンランドカップ」について、データ面から検証してみた。 過去10年の3着以内馬30頭中17頭は、「前年か同年のサマースプリントシリーズ対象レース」で連対経験のある馬だった。該当馬は3着内率48.6%と好走率も非常に優秀だ。 また、過去10年の優…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 北九州記念

今週末の「北九州記念」について、データ面から検証してみた。 サマースプリントシリーズの第4戦となる北九州記念では、過去10年で単勝8番人気の馬が5勝を挙げているのを含め、単勝6番人気以下の馬が10頭連対を果たしている波乱含みの一戦だ。過去10年の出走…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 札幌記念

今週末の「札幌記念」について、データ面から検証してみた。 昨年は前年度の年度代表馬モーリスが出走、2014年は桜花賞馬のハープスターと宝塚記念を制したゴールドシップが凱旋門賞の壮行レースとして出走したように、トップホースの出走が多い札幌記念。し…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 関屋記念

今週末の「関屋記念」について、データ面から検証してみた。 このレースは、過去10年の3着以内馬延べ30頭中、19頭がJRAのG1での6着以内に入った経験馬で、該当馬は3着内率30.6%と優秀な結果となっていることから、先ずはG1で6着以内に入った事がある馬に…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - エルムステークス

今週末の「エルムステークス」について、データ面から検証してみた。 このレースは、過去10年の年齢別成績を見ると、おおむね若い馬ほど高い3着内率をマークしている。5歳以上だった馬は、前走の着順が7着以下だった馬は全て4着以下に敗れている。過去10年の…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 小倉記念

今週末の「小倉記念」について、データ面から検証してみた。 このレースは、過去10年の単勝人気別成績を調べると、3着内率で「1番人気」がトップになっているものの、その数値は50.0%にとどまっており、優勝がない点からも「1番人気」の成績としては物足りな…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - レパードステークス

今週末の「レパードステークス」について、データ面から検証してみた。 2009年に3歳限定のダート重賞として創設され、同年の勝ち馬トランセンドはその後、ダート界のトップに上り詰めた。また、2012年にホッコータルマエがこのレースで重賞初制覇を果たした…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - クイーンステークス

今週末の「クイーンステークス」について、データ面から検証してみた。 このレースは、過去10年の優勝馬10頭のうち7頭は、単勝2番人気以内の馬ですが、ここ2年は7番人気(32.5倍)、9番人気(20.2倍)と波乱な決着となっていますの で、今年も伏兵の馬の…

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - アイビスサマーダッシュ

今週末の「アイビスサマーダッシュ」について、データ面から検証してみた。 日本で唯一の直線コースでの一戦だ。枠番別での成績をチェックしてみると、やはりと言うか外枠が有利なのだが、内枠でも2枠が好走している点に注意が必要かも・・ 過去10年の優勝馬…