s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - セントウルステークス

 今週末の「セントウルステークス」について、データ面から検証してみた。

秋の阪神競馬の開幕週に行われるセントウルSは、サマースプリントシリーズの最終戦であり、3週間後に行われるスプリンターズSの前哨戦でもある。

過去10年のセントウルSにおいて、単勝1番人気馬の優勝は昨年のビッグアーサーが挙げた1勝だけ。2013年度の年度代表馬に輝いた短距離王・ロードカナロアは2年連続(2012、2013年)で1番人気に推されたものの、共に2着に敗れた。それでも単勝オッズ2.9倍以下の1番人気で4着以下に敗れたのは、2008年のスズカフェニックス(2.5倍、8着)だけだから、軸馬としての信頼度は高いと言っていいだろう。

また、過去10年の年齢別成績を調べると、優勝馬は全て5歳以下であり、前走と同じ騎手で臨んだ馬の成績が良好。中でも北九州記念から臨んだ馬が5勝、アイビスサマーダッシュから臨んだ馬が3勝と、この2レースから臨んだ馬の優勝が多くなっており、過去10年のセントウルSでは、「3走前までにハンデキャップ重量で行われた重賞で5着以内に入っていた」という馬が毎年連対している。

今回の注目は、約7ケ月の休養明けの「ダンスディレクター」の取扱いだ。昨年もほぼ同じローテーションで7着と敗退している。しかし過去にはG2阪神カップで、ビックアーサーに先着している実力は侮れないとこだ。他では、前回の走破タイムが優秀だった「ファインニードル」辺りに注目している。

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]