s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

フォワ賞(シャンティイ競馬場)を見て・・

サトノダイヤモンドが出走したフォワ賞(シャンティイ競馬場)を見て、凱旋門賞は今年も日本馬は難しそうですね。

C.ルメール騎手は欧州のG1馬も含まれていましたから今日は相手も強かったです。本番までは3週間ありますし、凱旋門賞を見据えた仕上がり途上の状態でしたから、ここを叩いたことで変わってくれると思います」とコメントをしていましたが・・・

凱旋門賞はこれまで欧州所属馬で、欧州調教馬以外の優勝は無く、古馬の斤量が59.5㎏(牝馬は1.5㎏減)に対し、3歳馬は56㎏で出走出来る。近年は牝馬の活躍が目立っている。

日本馬は、エルコンドルパサーナカヤマフェスタオルフェーヴルの2着が最高成績。昨年のマカヒキは人気をかなり裏切り14着と言う結果だ。

フランスの競馬はスピードとスタミナだけでは勝つことはできないと言われるのが、「駆け引きのゲーム」と称される「ラビット」と名付けられたペースメーカー専門の馬の存在が許されることもその一つの現れと言ってよいのでは無いか?

また、何と言っても馬場の違い(長くて深い芝に覆われ、クッションが利いていて、日本の固い芝とは質が大きく異なっている)が大きな問題だろう。

フォワ賞を見る限り、サトノダイヤモンドはある程度前で競馬が出来る分、多頭数の中では優位に進めるだろうが、これまで挑戦してきた日本馬と比べて少し落ちるような気がするが、当日を楽しみに迎える事にしよう。

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]