s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 秋華賞

今週末の「秋華賞」について、データ面から検証してみた。

過去10年の出走馬について、前走の着順別成績をまとめると、好走率で「1着」組が「2着以下」組を上回っている。前走で「2着以下」に敗れていた馬について、そのレースの勝ち馬とのタイム差別に成績をまとめると、タイム差が「0秒2以内」だったグループが、「0秒3以上」だった各組に好走率で大きな差をつけている。前走が「0秒2以内」の敗戦であれば、大きな減点材料にはならないと考えていい。

また、過去10年の出走馬について、過去2走以内の芝の重賞での最高単勝人気別に成績を調べると、「1~5番人気」の各組が連対率で10%を超えており、「6番人気以下」の各組や過去2走で「芝の重賞不出走」だったグループは同5%以下にとどまっている。優勝馬は10頭中9頭が「1~4番人気」組となっており、近走の芝重賞で上位人気に支持されていた馬は、今年もノーマークは禁物。

次に過去10年の出走馬について、同年5月以降の芝の重賞での最高着順別に成績を調べてみると、優勝馬は10頭中9頭、連対馬では20頭中18頭が同年5月以降の芝の重賞で5着以内に入った実績を有していた。好走率を見ても、「1着」・「2着」・「5着」の各組が連対率で25%以上の数値を記録している。過去10年の出走馬について、過去4走での連対数別に成績を調べると、連対数が多いほど好走率が高くなる傾向にあることがわかった。また、「2回」組は該当馬64頭で3着以内12頭なのに対し、「1回」組は該当馬58頭で同4頭と、過去4走での連対数が「2回」と「1回」の間で成績に大きな差がついている。近走の成績を比較する際は、過去4走で2回以上連対している馬に注目したい。

アエロリット、リスクラシューに注目しているが、前走馬体重が大幅に増えていたモズカッチャンの巻き返しに期待している。

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

 

ブロトピ:ブログ更新しました♪ ブロトピ:競馬予想 ブロトピ:旅行