https://blogcircle.jp/commu/71/topic/11

s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

有馬記念 - 1週前追い切り

有馬記念の有力馬、1週前追い切りとコメントを抜粋してみましたので、参考まで。

キタサンブラック

黒岩を背に栗東CWで7F95秒0-78秒7-37秒7-12秒3(一杯)
アキトクレッセント(5歳OP)と併入した。長めから攻め駆けするパートナーを追走する形だけに、ゴール前の手応えで見劣った点は問題なし。16日にも同6F86秒3-39秒0-11秒9と意欲的に攻めている。宣言通り、全力の仕上げとみてよさそうだ。

サトノクラウン

美浦南Pで5F65秒3-36秒3-11秒3(一杯)
ポリトラックでの追い切りはデビューから初めてのこと。1馬身の追走から直線はインへ。攻め駆けするキャンベルジュニア(5歳OP)に手応えは見劣ったが、グイグイと加速して好時計をマークした。馬体の張り、ツヤも良く、状態面の心配は無用だ。

シュヴァルグラン

栗東CWで6F82秒6-37秒9-11秒6。

パートナー2頭にやや見劣ったものの、時計的には十分なもの。ゴールを過ぎてからも追っており、しっかりと攻め抜いた。張りのある馬体からも充実ぶりが伝わってくる。

スワーヴリチャード

M・デムーロを背に栗東CWで6F79秒3-36秒4-12秒1(G一杯)
リッジマン(4歳1600万下)を0秒4追走して0秒6先着。ひと叩きして馬体が引き締まり反応面も良化。ライバルに比べて消耗度が少なく、非常にフレッシュな状態に感じられる。

ルージュバック

美浦南Wで6F82秒4ー38秒4ー13秒0(馬なり)
6Fで4秒先行した相手にはさすがに追いつけなかったが、道中のスピード感、直線の弾むようなフットワークは好調時に見せるまさにそれ。馬体もふっくらと見せており、状態面に関しては文句なし。

シャケトラ

栗東CWで6F85秒3-38秒4-11秒9(馬なり)
1秒ほど先行する僚馬トーセンビクトリー(5歳OP)に4角過ぎで取りつくと、楽な手応えのまま抜け出し1馬身の先着。秋3戦目でようやく春先の力強い動きが戻ってきた。

ミッキークイーン

栗東坂路で4F53秒2-38秒5-12秒0(強め)
マウントゴールド(4歳1600万下)との併せ馬で半馬身先着。素軽いフットワークでスイスイと駆け上がり、状態の良さを誇示した。ひと叩きされた効果は大きい。

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

 

 

ブロトピ:ブログ更新しました♪ ブロトピ:競馬予想 ブロトピ:旅行