https://blogcircle.jp/commu/71/topic/11

s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - シンザン記念

今週末の「日刊スポーツ賞シンザン記念」について、データ面から検証してみた。

近年のシンザン記念好走馬には、2012年の優勝馬ジェンティルドンナ、2014年の優勝馬ミッキーアイル、2011年の2着馬オルフェーヴルなど、その後にGⅠの舞台で活躍した馬が名を連ねている。昨年の3着馬ペルシアンナイトも、皐月賞2着、マイルチャンピオンシップ優勝と活躍。今年もこの先のGⅠ戦線に向けて注目しておきたい一戦だ。

過去10年の単勝人気と単勝オッズ別の成績を調べてみると、1番人気馬と2番人気馬が3勝ずつ挙げているが、7~9番人気の馬も3頭が優勝し、2着にも4回入っている。単勝オッズ別にも調べてみると、優勝した7~9馬人気の馬はいずれも20倍台だった。

過去10年のシンザン記念では「480kg~498kg」で出走した馬の勝利がゼロ。それに対し、「440~478kg」の馬が6勝、2着4回、3着8回、「500kg以上」の馬が3勝、2着4回と良好な成績になっている。

過去10年の出走馬の前走のレース別成績を調べると、前走が重賞だった馬が4勝。また、前走が500万下だった馬も4勝を挙げており、その500万下組の中では、平場のレースより特別レースに出走していた馬の方が良好な成績となっている。

過去5年のシンザン記念では、「デビュー戦が中京または阪神競馬場のレースで、そこで5着以内に入っていた」という馬の優勝が続いている。ここ2年連続で単勝8番人気の馬が優勝を飾っているが、もちろんその2頭もこの条件に該当していた。

さて、今年の出走予定メンバーで人気になりそうなのは、ファストアプローチ、エアアルマス、カシアス辺りか。個人的には、前走の勝ちぷりからカフジバンガードが面白いのではと考えている。デビュー戦から使う度にパフォーマンスを上げ、重賞(東スポ杯2歳S)でもダービー最右翼のワグネリアンには離されたものの、4着と好走している。次位はファストアプローチとメンバー唯一の重賞馬カシアスか・・。

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

 

ブロトピ:ブログ更新しました♪ ブロトピ:競馬予想 ブロトピ:旅行