s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - エプソムカップ

今週末の「エプソムカップ」について、データ面から検証してみた。

近年のエプソムCは上位人気馬の活躍が目立っている。2007~2017年の11年間はいずれも馬連が25倍以下、馬単が50倍以下だった。なお、この間は単勝7番人気以下の馬が一頭も連対していない。過去10年の3着以内馬延べ30頭中19頭は同年のJRAオープンクラスのレースにおいて連対経験のある馬だった。該当馬は3着内率も36.5%と優秀な水準に達している。年明け以降にオープンクラスのレースで連対を果たしている馬は高く評価してよさそうだ。過去10年の3着以内馬延べ30頭中15頭は4歳馬で、3着内率は41.7%と優秀な水準に達している。なお、4歳以外の馬で、同年のJRAオープンクラスのレース”において連対経験のなかった馬は優勝がない。過去7年の3着以内馬延べ21頭中16頭は、前走が「重賞(地方、海外を含む)」だった。一方、その他のレースだった馬は3着内率9.3%と苦戦している。過去6年の優勝馬6頭は、いずれも“同年のJRAオープンクラスのレース”において連対経験のある馬だった。また、この6頭は前走の単勝人気が5番人気以内だった点、前走との間隔が中3週以上だった点も共通している。

今回人気になりそうな馬はダイワキャグニー、サトノアーサー辺りになるのか。

「出走有力馬情報」

ダイワキャグニー       

美浦Wで6F86秒5-40秒9-12秒8(馬なり)

前走後の初時計。大きく先行したとはいえ、直線はうなるような勢いを披露した。体もふっくらと見せているように、出来は維持できている。     

サトノアーサー

栗坂良で57秒9-42秒2-27秒4-13秒3(馬なり)

一週前時計は平凡。レース間隔が短いとは言え、軽過ぎの感。

グリュイエール 

栗東坂路で4F53秒1-38秒0-12秒2(馬なり)

リシュブール(3歳500万下)に1馬身先着。持ったままの手応えで力強い伸びを見せた。気配の良さは目立つ。

エアアンセム   

栗東坂路で単走4F53秒8-39秒0-12秒2(強め)

終始落ち着いた走りで駆け上がり、追われてからも鋭く伸びた。状態の良さを感じさせる攻め内容。

ベルキャニオン 

美浦Wで5F66秒0-35秒9-13秒1(一杯)

実戦さながらの追い比べから、グイグイと力強く伸びて先着を果たす。活発な動きを見せており、状態は前走以上だ。

ハクサンルドル 

栗東CWで5F69秒9-39秒3-11秒4(G一杯)

前半は折り合いに専念し、5Fから徐々にピッチを上げる形。直線はビシッと追われ、素晴らしい伸びを発揮した。上積み十分の攻め気配。

アデイインザライフ     

美浦Wで5F68秒4-39秒0-12秒2(馬なり)

僚馬を3馬身追い掛けたが、直線は一杯に追われる相手を手応えで圧倒。余力たっぷりに鋭く伸びて1F12秒2をマーク。まだ馬体に緩さは残すが、動きは好調時とそん色ない。

トーセンマタコイヤ     

美浦Wで6F84秒0-39秒5-12秒7(馬なり)

6Fから3馬身追走したが、直線は手応え優勢のまま鋭く伸びた。肌ツヤの良さが際立ち、体調アップは間違いなし。

スマートオーディン     

栗東坂路で4F51秒0-37秒0-12秒8(一杯)

ストロングタイタン(5歳OP)に3馬身遅れ。しまいの反応はひと息だったが、全体時計は上々。仕上がりは悪くない。

 今週も色々と情報をかき集め、研究した結果を週末UPさせて頂きますので、宜しくお願いします。

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

[http:// ]

[http:// ]

ブロトピ:ブログ更新しました♪ ブロトピ:競馬予想 ブロトピ:旅行