https://blogcircle.jp/commu/71/topic/11

s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - マーメイドステークス - 見解等

今週末の「マーメイドステークス」について、データ面から検証してみた。

秋の大一番に向けて飛躍を目指す牝馬による一戦。過去10年の出走馬について、前走の条件別に成績をまとめると、好走率で上位となっているのが「1000万下」組と「オープン特別」組。過去10年の年齢別成績を調べると、「5歳」の好走率が最も高く、それに小差で「6歳」が続いており、3着以内馬30頭中22頭を「5歳」と「6歳」の馬が占めている。過去10年の出走馬について、前走の4コーナーでの位置別に成績を調べると、「2、3番手」組と「10番手以下」組が3着内率で25%を超えている。2010年以降の過去8年の優勝馬について、過去4走での重賞成績をチェックすると、重賞勝ちの実績があったのは2頭で、残る6頭のうち5頭は勝ち馬と0秒6以内のタイム差でゴールした経験があった。近走で重賞を勝利しているか、勝利経験がなくても勝ち馬に大きく離されることなくゴールした経験がある馬に注目したい。

今回人気になりそうな馬はトーセンビクトリー、キンショーユキヒメ、ミエノサクシード辺りか。

「有力出走馬情報等」

トーセンビクトリー

期待を集めた近2走「福島牝馬ステークス」と「中山牝馬ステークス」はいずれも4着に終わったが、決して大崩れをした訳ではない。牡馬相手の3走前「アメリカジョッキークラブカップ」でも5着にまとめていたように「弾けないが、相手なりに走る」というタイプ。そろそろ「相手なり」ではなく勝利を掴みにいきたい。

キンショーユキヒメ

トーセンビクトリーが4着に敗れた「福島牝馬ステークス」で優勝したのが、このキンショーユキヒメだ。7番人気という伏兵の立場での勝利だったことから「フロックか?」という見方をする人もいるようだが、逃げたカワキタエンカが2着に粘る流れの中、4角9番手から上がり最速の脚で差し切っているのだから、間違いなく強い。ここも、自慢の末脚を生かし、再度の差し切りへ期待大だ。

ミエノサクシード

昇級初戦となった前走、果敢にも重賞の「阪神牝馬ステークス」に挑戦。結果的には6着に敗れたが、実は後にG1「ヴィクトリアマイル」を制するジュールポレール(5着)を相手に0.2秒しか負けていないのだ。G1勝ち馬を相手に僅差の競馬をできる馬が、G3あたりで苦戦をしてもらっては困る。晩成型なのか、5歳馬ながらグングン力を伸ばしているだけに、上位争いへ一気に。

ミリッサ

53キロと斤量がほどよいですし、この馬の力を考えるとかなり軽い気がする。内回り2000mというコースだけが若干心配では有るが、能力の高さで一気に押し切ってしまう場面も。

レイホーロマンス

今年の「愛知杯」では格上挑戦ながら2着に好走して、その後出走した「中山牝馬S」でも3着入線。前走の「福島牝馬S」でも掲示板を確保と、ハンデ戦で結果を残してここに出走。今回は5着だった前走よりも2kg軽い斤量で出走できるし、馬体重が軽いタイプだからこれだけでもかなりパフォーマンスの質は変わってくるはずで、一番勝利に近い1頭か。

ルネイション

格上挑戦だけど、前走の内容が秀逸で十分ここでも通用しても良いのでは。6ヶ月の休み明けで、2000mという距離もかなり久々、スローペースでも折り合いはついてしっかりと我慢出来ていたし、道中の手応えははち切れんばかり。距離を伸ばしても決め手の鋭さは衰えていなかったし、いつもより前めで競馬が出来ていたことも展開に左右されにくく、人気に成らないようであれば穴として狙いたい一頭か。

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

[http:// ]

[http:// ]

ブロトピ:ブログ更新しました♪ ブロトピ:競馬予想 ブロトピ:旅行