https://blogcircle.jp/commu/71/topic/11

s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 函館スプリントステークス - 見解等

今週末の「函館スプリントステークス」について、データ面から検証してみた。

今年もこの函館スプリントSサマースプリントシリーズの幕が上がる。対象とした10回の単勝人気別成績を調べると、「1~5番人気」の中で突出して高い数値を残している組はない。「6番人気以下」が3勝、2着2回、3着3回と、3着以内馬15頭中8頭を占めており、下位人気馬の台頭が多くなっている。対象とした10回の出走馬について、過去3走のうち最も格の高かった条件別に成績をまとめると、3着内率で「GⅡ」組と「GⅠ」組が上位数値を記録している。その一方で、「GⅢ」組は延べ43頭出走して3着が最高と、不振傾向にある。対象とした10回の出走馬について、前走の4コーナーの通過順別成績を調べると、勝率・連対率で「5~9番手」組がトップ、3着内率では「2~4番手」組がトップとなっている。2013年以降の過去5年の優勝馬について、前々走と前走の格を比較すると、優勝馬5頭は全て「前々走より前走の格が上」となっている。前々走より前走の格が高かった。

さて、人気になりそうなのはナックビーナス、セイウンコウセイ、ワンスインナムーン辺りになるのか。

「出走有力馬情報」

ナックビーナス 

非常にハイレベルだった前走のG1「高松宮記念」で、勝ち馬から0.1秒差の3着でゴールしたという実績は価値がある。前走は6番手からの競馬だったが、本来は前に言っても良し、中団からでも良しと、脚質に自在性があるため、大崩れする可能性が低い事から、馬券の中心にはもってこいか。

セイウンコウセイ

前走「京王杯SC」の惨敗。1400mを走った昨秋「スワンステークス」でも14着に沈んでいた事から、この馬は「スプリンター」だろう。3走前の重賞「シルクロードS」2着、更に2走前のG1「高松宮記念」でも勝ち馬から0.3秒差の6着と、今年に入ってからの1200m戦では、高いレベルで安定感を見せている。

ワンスインナムーン

昨秋のG1「スプリンタースステークス」で3着に激走。現役屈指のスプリンター。前走の「京都牝馬ステークス」こそ、海外遠征帰りの初戦ということもあったのか、本来の力を出しきれず5着に敗れたが、今回はじっくりと休養をとって乗り込まれており、態勢は整ったとみて良いだろう。

ダイアナヘイロー

昨年は夏に4連勝し「北九州記念」も制した。今年は1ハロン長いと思われた1400m戦の阪急杯で逃げ切り勝ち。破った相手がモズアスコットやレッドファルクスといった強豪馬たち。かなり価値ある勝利だった。開幕馬場を生かして粘りこむ可能性は大きい。

ジューヌエコール

昨年の「函館スプリントステークス」の勝ち馬が今年も参戦する。昨年は50kの軽斤量を生かして差し切り勝ち。2度目の重賞制覇を果たした。その後の4戦はいずれも二桁着順と苦戦が続く。思い出の地で復活なるか。

ティーハーフ

2015年の「函館スプリントステークス」の勝ち馬。前走の「鞍馬ステークス」では12番人気と低評価だったが鋭い決め手で差し切り勝ちを決めた。展開さえ向けばまだまだ重賞でもやれる力は持っている。

キングハート

昨年の「函館スプリントステークス」2着のリベンジに燃える。中山競馬場で行われた「オーシャンステークス」を勝つなど力のいる馬場を得意としている。侮れない一頭だ。

今週も色々と情報をかき集め、研究した結果を週末UPさせて頂きますので、宜しくお願いします。

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

[http:// ]

[http:// ]

 

ブロトピ:ブログ更新しました♪ ブロトピ:競馬予想 ブロトピ:旅行