s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - ヴィクトリアマイル

今週末の「ヴィクトリアマイル」について、データ面から検証してみた。

極端な配当で決着する年が多い上半期の4歳以上牝馬チャンピオン決定戦。昨年のヴィクトリアマイルは、単勝5番人気以内の馬が全て4着以下に敗れ、3連単91万8700円の高額配当決着となった。
また、2015年には3連単JRA史上2位(当時)となる2070万5810円の配当が飛び出すなど、波乱の決着が珍しくない一戦だ。もっとも、2011年には3連単JRAの平地GⅠ史上6番目(当時)の低さとなる3620円の低額配当が出ている。伏兵の台頭が目立つ一方、実績馬が人気に応えた例も多く、非常に難解なレースと言えるだろう。
さて、過去10年の3着以内馬延べ30頭中15頭は、前年以降のJRAの左回りコースでのGⅠにおいて3着以内に入った経験のある馬だった。今年も2017年以降に東京や中京のGⅠで好走している馬がいたらぜひ注目だ。前年以降のJRAの左回りコースでのGⅠにおいて3着以内に入った経験がなかった馬のうち、同年の「1400~1800mのJRA重賞」において5着以内に入った経験もなかった馬は、3着内率1.4%とより苦戦している。また、過去10年の3着以内馬延べ30頭中20頭は、前走が“国内外のGⅠかGⅡ”だった。ただし、前走が“国内のGⅠかGⅡ”だった馬に限ると、そのレースでの単勝人気が「7番人気以下」だった馬はすべて4着以下に敗れている。なお、前走が国内外のGⅠかGⅡ以外のレースだった馬のうち、そのレースの着順が6着以下だった馬は3着内率3.4%と苦戦している。過去6年の優勝馬6頭は、いずれも前年以降のJRAのGⅠにおいて5着以内に入った経験がある馬だった。2017年以降のビッグレースで上位に食い込んだことのない馬は割り引きが必要だ。また、この6頭は前走の単勝人気が5番人気以内だった点、前走との間隔が中4週以上だった点、前走の着順が2着以下だった点も共通している。
今回人気になりそうな馬はリスグラシュー、アエロリット、ミスパンテール、レッツゴードンキ辺りか。また、今回も1600m戦だけに昨日のデータが参考になるかも知れませんので、注意しながら予想して見て下さい。

「有力馬1週前追い切り・コメント等」

リスグラシュー 

栗東坂路で4F49秒9-36秒3-12秒4(一杯)

テンから意欲的に運んで好時計をマーク。追われてからも鋭く伸びてフィニッシュした。好気配が漂う。

アエロリット 

美浦Wで4F53秒0-38秒6-12秒7(G強め)

僚馬を目標に進み、直線で反応を確かめたが、力感あふれるフットワークで一気に伸び切った。馬体もパンパンに張っており、態勢は万全。

ミスパンテール

栗東CWで6F80秒7-37秒8-12秒0(一杯)

スピード感あふれるフットワーク。追われると俊敏に伸びてきた。気配も申し分なく、重賞3連勝の勢いを感じさせた。

アドマイヤリード

栗東坂路で4F51秒9-37秒7-12秒5(馬なり)

アドマイヤゴッド(6歳OP)に半馬身先着。キビキビと活気にあふれた動きで状態の良さを誇示した。気合乗りも申し分ない。

レッツゴードンキ 

栗東坂路で4F52秒2-37秒6-12秒8(一杯)

攻め駆けするタイプとはいえ、力強い脚さばきで好時計をマーク。中間の気配も良く、調整はすこぶる順調だ。

ソウルスターリング

美浦Wで5F70秒9-40秒9-13秒0(馬なり)

馬場の大外に持ち出すと、楽な手応えのまま一気に加速。ダイナミックなフォームで力強く駆け抜けた。肌ツヤも良く、出来落ちは見られない。

 レーヌミノル

栗東CWで6F79秒4-37秒3-11秒9(G一杯)

追走して外に回る負荷をものともせず、タガノヴェリテ(6歳OP)に0秒6先着。力強い脚さばきで好時計をマークした。状態の良さが伝わる追い切り内容。

デンコウアンジュ

栗東坂路で55秒0-39秒8-25秒4-12秒3(馬なり)

福島牝馬Sから間隔が詰まっているので坂路で軽め。馬なりで終い12秒3なら悪く無い。昨年のこのレース2着馬であり東京マイルはめっぽう得意。

ジュールポレール 

栗東坂路で4F51秒2-36秒8-12秒1(一杯)

回転の速いピッチ走法でスイスイと登坂。追われてからもしっかり伸びた。

クインズミラーグロ

栗東CWで5F65秒8-37秒3-11秒9(馬なり)

弾むようなフットワークで伸びてきた。転厩初戦で環境の変化に戸惑い、馬体を戻すのに手間取った前回と違い、馬体もふっくらと見せている。

テルナミノル 

栗東CWで6F81秒8-38秒9-12秒2(馬なり)

リラックスして走れている点は好材料。フットワークも伸びやかで、雰囲気は決して悪くない。

ラビットラン

栗東CWで5F69秒5-40秒3-11秒9(馬なり)

3頭併せの真ん中でシャープな動きを披露。休み明けをひと叩きしたことで前進気勢も出た。上積みが見込める。

レッドアヴァンセ

栗東坂路で4F51秒4-37秒4-12秒6(一杯)

アメリカズカップ(4歳OP)に2馬身半先着。全身を大きく使ったフォームでダイナミックに登坂。追われてからも数字以上の伸びを見せた。

メイズオブオナー

栗東CWで5F64秒9-36秒1-12秒1(G一杯)

スピードに乗った走りから、直線でも四肢を一杯に伸ばして好タイムをマーク。迫力に磨きがかかり、前走をしのぐ気配だ。

ワントゥワン

栗東坂路で4F54秒1-39秒5-12秒6(一杯)

ヒーズインラブ(5歳OP)と併入。手応えは見劣ったが、最後まで集中して走れていた。状態は悪くない。

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

[http:// ]

[http:// ]

ブロトピ:ブログ更新しました♪ ブロトピ:競馬予想 ブロトピ:旅行