s-johnny の競馬予想,無料,競馬予想,中央競馬,レース見解,レース結果,競馬雑記

s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 七夕賞 - 見解等

今週末の福島競馬場で行われる重賞「七夕賞」について、データ面から検証してみた。

全然話は違うのですが、七夕のシーズンはめちゃ地元(平塚)の人間は困りのす。バス乗り場は遠くなるは、経路も変わるし、人で溢れていて・・。

さて、七夕に関する地元の文句は此処までとして、本題に。2013年から2017年の七夕賞で優勝を果たした5頭は、いずれも既にJRAの重賞で優勝経験がある馬だった。ハンデキャップ競走ではあるものの、近年の傾向を重視するならば、まずは実績上位の馬や上位人気馬に注目すべきだろう。過去10年の3着以内馬延べ31頭中28頭は、年齢が「6歳以下」だった。一方、「7歳以上」の馬は優勝例がない。過去10年の連対馬のうち前走が国内のレースだった延べ19頭中、18頭は、前走が国内のレース、かつそのレースでの4コーナーの通過順が「3番手以下」だった。一方、前走が国内のレース、かつそのレースでの4コーナーの通過順が「2番手以内」だった馬は連対率4.0%と苦戦している。

また、過去5年の3着以内馬延べ15頭は、いずれも馬番が「1~12番」だったことから、外枠に人気馬が入った場合は過信禁物のようだ。

今回人気になりそうな馬はサーブルオール、キンショーユキヒメ、レイホーロマンス辺りになるのか。

「出走有力馬情報等」

サーブルオール

古馬になってからは初めての重賞挑戦という形だった前走の「エプソムC」だが、力の要る重馬場をものともせずに、4角8番手から末脚を伸ばして0.3秒差の4着。東京での好走から「広いコース向きなのか?」と思われるかもしれないが、準オープンは狭い中山で勝ち上がっている点からも、コースを問わないタイプ。休み明け2戦目となることで、デキも良さそうだ。

キンショーユキヒメ

栗東CWで6F78秒7-36秒6-12秒0(一杯)

2走前の「福島牝馬ステークス」を快勝しているように、福島コースとの相性は抜群だし、今回は牡馬相手だから、自身のハンデも軽くなる。

レイホーロマンス

栗東CWで6F83秒9-36秒6-12秒2(一杯)

前走の重賞「マーメイドステークス」は1番人気を背負ったが、無念の6着に終わったが、

牡馬相手で、ハンデ戦ならチャンスがありそうだ。

マイネルサージュ

美浦南Wで4F54秒2-39秒5-12秒8(馬なり)

福島芝2000mとの相性は抜群。何と言っても、今回と同舞台で行われた前走のオープン特別「福島民報杯」を快勝しているのだから。3角から4角にかけてまくり気味にあがり、勢いに乗った直線で差し切りを決めるというスタイルは、いかにも小回りコース向きという印象で頼もしい。

ラチナムバレット

栗東坂路で4F51秒6-37秒2-12秒5(一杯)。

サンライズサーカス(5歳500万下)に1馬身半先着。テンから意欲的に運んで、最後まで力強く伸びた。気配の良さは目立つ。

シルクドリーマー

美浦南Wで5F67秒9-38秒0-12秒7(馬なり)。

2頭を追い掛けて内に潜ったが、最後まで馬なりのまま、きっちりと伸び切った。馬体にも張りがあり、順調な仕上がりを見せる。

マイネルミラノ

美浦南Wで6F79秒5-37秒4-12秒9(一杯)。

長めから意欲的に追われたが、最後まで脚勢は衰えず、力強く伸び切った。馬体も引き締まっており、次週の1本で万全だ。

 

今週も色々と情報をかき集め、研究した結果を週末UPさせて頂きますので、宜しくお願いします。

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

[http:// ]

[http:// ]

ブロトピ:ブログ更新しました♪ ブロトピ:競馬予想