s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

はたして本当に競馬で儲けることは可能か - 京王杯オータムハンデキャップ - 見解等

今週末の中山競馬場で行われる重賞「京王杯オータムハンデキャップ」について、データ面から検証してみた。

過去10年の3着以内馬30頭中25頭は前年以降のJRA重賞において3着以内に入った経験のある馬だった。一方、この経験がなかった馬は3着内率9.1%と苦戦している。

過去10年の3着以内馬30頭中27頭は、前走の出走頭数が「14頭以上」だった。一方、前走が「13頭以下」のレースだった馬は優勝例がなく、3着内率も7.9%にとどまっている。

また、過去6年の3着以内馬18頭中15頭は、前走の4コーナーの通過順が「5番手以下」だった。一方、「4番手以内」だった馬は優勝例がなく、3着内率も9.1%にとどまっている。

過去6年の優勝馬6頭は、いずれも前年以降のJRA重賞において3着以内に入った経験のある馬だった。また、この6頭は馬番が「3~12番」だった点、前走の出走頭数が「16頭以上」だった点、前走の4コーナーの通過順が「5番手以下」だった点も共通している。

[http:// ]

 

 今回人気になりそうな馬はロジクライ、ワントゥワン、ヒーズインラブ辺りになるか。

 「出走有力馬情報等」

ロジクライ

5歳馬だが、重賞「シンザン記念」を快勝後の2016年1月から、昨年12月にかけて、約2年にも及ぶ休養を強いられていたため、使い減りがない。古馬重賞の2戦目となった前走「中京記念」は、好位4番手追走から、直線でも渋太く伸びて、2着でゴールした。能力の高さもさることながら、確実に前にいけるスピード、直線で見せる粘りを兼備している点は、いかにも中山コース向きの印象だけに今回重賞勝ちの可能性が高い一頭か。

ワントゥワン

現在、2戦連続で上がり最速タイムをマークしているが、中でも「32秒8」という爆発的な上がりで、4角15番手から2着にまで追い上げた前走「関屋記念」の走りっぷり素晴らしかった。このところ、立て続けにマイル戦を使われている点からも、最大の目標は「マイルャンピオンシップ」になるのだろうから、ここで勝って賞金を稼ぎたい。

ヒーズインラブ

重賞レース初挑戦の立場でありながら、グレーターロンドンなど強力メンバーが集結して

いた「ダ-ビー卿チャレンジトロフィーを快勝している。中山芝1600mは、【3-1-1-1】と得意としている条件で、「安田記念」からの巻き返しがあっても全く驚けない。後は、斤量がどうかだけか。

ロードクエスト

このレースの2年前の優勝馬だ。春にはG1「NHKマイルカップ」で2着に激走。そして古馬との初対戦となったここで優勝したのだ。その後、長らく調子を落としていたが、やはり潜在能力は並の馬とは違う。今年に入ってから、2走前「パラダイスS」そして前走の「関屋記念」と復調しているだけに、そろそろ狙える一頭に。

 

今回もざっと何頭か挙げてみましたが、最終結論は週末にUPさせて頂く予定です。

中山1600mは基本内枠有利と言われていますし、開幕週で逃げ馬にも注意が必要か。

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

 

[http:// ]

 

[http:// ]

 

ブロトピ:ブログ更新しました♪ ブロトピ:競馬予想 ブロトピ:旅行