s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

はたして本当に競馬で儲けることは可能か – サウジアラビアロイヤルカップ - 見解等

今週末の東京競馬場で行われる重賞「サウジアラビアロイヤルカップ」について、個人的見解を中心にUPしています。

2歳マイル路線の更なる充実を目的とし、前身のオープン特別「いちょうステークス」から重賞に格上げされ、そして現在の名称「サウジアラビアロイヤルカップ」に2015年から変更された新しい重賞競走。

 

データ面からは、上がり3ハロンタイム、芝1600メートル以上のレースにおける連対率、左回りのレースにおいて連対経験のある馬が有力のようだ。

 

先ず、1番人気が予想されるのはグランアレグリアだと思われるが、次位は混戦か?

 

グランアレグリア

新馬戦で、好スタートから好位を確保したかと思えば、楽な手応えのままに好位追走。4角2番手で直線に入り、上がり3ハロン最速となる33秒5の脚で、堂々勝利。走破時計も1分33秒6とこの時期の2歳馬としては優勝であり、文句のつけようがない。経験の少ない馬にとってタフな東京芝1600mを全く問題にしなかった。重賞でもモノの違いを見せつけるか注目だ。

アマーティ

新潟芝1600mで行われた新馬戦は、4角8番手で通過。結果的に好位で走った馬の多くが上位に残ったように、前有利の展開だったが、そんな状況をものともせず、上がり最速となる33.3の脚で差し切った。ただ問題は、坂の有る東京でも同じような脚が使えるかがポイントか。

ドラウプニル

確実に、息の長い脚を使えるタイプと言える。2着に好走した前走「アスター賞」などは、最後までよく伸びていた。今回、東京は初めてだが、同じ左回りで、尚且つ直線に坂のある中京で新馬勝ちしているだけに、問題なさそうだ。

シャドウエンペラー

前走は渋り加減の馬場での上がり34秒7。如何にも切れる脚が使えるタイプで、やはりこの馬の能力も相当高いとみた。追い出しを待つぐらいの余裕もあっただけに、直線の長い東京コースは大歓迎のくちか。

 

まだ2歳の若駒でも有り、なかなか比較が難しい面も有るが、一応東京の同距離で勝利しているグランアレグリアが今のところ最有力か。

 

どちらにしましても、週末までにもう少し情報収集した結果を、前日夜にUPしたいと思いますので、引き続き、宜しくお願いします。

 

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

 

[http:// ]

 

[http:// ]

 

ブロトピ:ブログ更新しました♪ ブロトピ:競馬予想 ブロトピ:旅行