s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

はたして本当に競馬で儲けることは可能か – 府中牝馬ステークス - 見解等

今週末の東京競馬場で行われる重賞「府中牝馬ステークス」について、個人的見解を中心にUPしています。

ここは先ず簡単なデータから、過去10年の3着以内馬延べ30頭中、29頭は、同年のJRAの重賞かオープン特別において5着以内に入った経験のある馬だった。

また、同年のヴィクトリアマイルにおいて、7着以下だった馬は全て4着以下に敗れているとのこと。

先ず、人気が予想されるのはディアドラリスグラシューミスパンテール辺りになるのでしょうか。

 

ディアドラ

2走前の「ドバイターフ」では3着。更に帰国初戦だった前走「クイーンステークス」で勝っているように、最近の勢いではNo1とも言える。最大の持ち味は、後方待機から、キレ味抜群の末脚での追い込みだが、好位からのレースも可能で、自在性があるだけに大崩れは少ないだろう。

リスグラシュー

昨年10月のG1「秋華賞」ではディアドラに続いて2着。2走前のG1「ヴィクトリアマイル」でも勝ち馬と同タイムの2着。前走G1「安田記念」こそ牡馬相手ということもあり苦戦したが、それでも勝ち馬から0.8秒差なら悲観することはないだろう。

ミスパンテール

重賞3連勝の勢いで挑んだ前走G1「ヴィクトリアマイル」では、出負けした影響もあり勝ち馬から0.3秒差の5着。スムーズなレース運びならより際どい勝負となった惜しい内容だった。どの位置取りからでもレースができる自在性は大きな武器であり、G1を狙える地力をつけてきた。

ジュールポレール

ヴィクトリアマイルでは8番人気の伏兵扱いだったが、リスグラシューやアエロリットを破りG1初制覇。最近は1600mをメインで使われているが血統的には1800mは問題無いと思われる。

ソウルスターリング

前走は札幌の「クイーンS」に出走し、ディアドラから0.5秒差の3着。昨年のG1「オークス」を勝ってから凡走が続いていたが、前走で久々に馬券圏内の結果は出したが。

また、前走は3着と言っても3歳春までのコノ馬の勢いには遠く及ばない印象が強く、復調とは言えない感じが強い。3歳秋以降は瞬発力勝負が全くダメな感じで・・人気になるようなら切り捨てたい一頭か。

  

他では、勝ちきれはしないが常に安定した走りを見せるフロンテアクイーンに注目している。穴では前々で競馬が出来るクロコスミア辺りが面白いか。

 

モズカッチャンの出走回避により、ディアドラ、リスグラシューの2強対決が濃厚とされているが、どちらも追込み、差しが武器な点を考えると、前で競馬を出来る馬から狙ってみる手も。

 

どちらにしましても、週末までにもう少し情報収集した結果を、前日夜にUPしたいと思いますので、引き続き、宜しくお願いします。

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

 

[http:// ]

 

[http:// ]

 

ブロトピ:ブログ更新しました♪ ブロトピ:競馬予想 ブロトピ:旅行