s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

はたして本当に競馬で儲けることは可能か – 富士ステークス - 見解等

今週末の東京競馬場で行われる重賞「富士ステークス」について、個人的見解を中心にUPしています。

ここは先ず簡単なデータから、近年は、マイルチャンピオンシップへ直結する傾向になって来ている。

また、過去10年の3着以内馬延べ30頭中26頭は、年齢が「5歳以下」だった。尚、JRAの1600mのGⅠにおいて3着以内に入った経験がなかった馬のうち、年齢が「5歳以上」だった馬の連対例はない。

 

先ず、人気が予想されるのはエアスピネルペルシアンナイト、ジャンダルム辺りになるのでしょうか。

 

エアスピネル

前走「マイラーズカップ」から、約半年振りの実戦となる。「安田記念」においては態勢が整わずに出走できなかったが、その分、じっくりと調整できたこともあり、休み明けながら、まずまず仕上がっているようだ。

前に行っても良、中団からでも良という、位置取り不問の脚質は馬券を買う側にとっては頼もしい限りだ。昨年のこのレースの勝ち馬である点からコース適性の高さも十分だし、ここも、よほどのことが無い限り、大崩れはしないだろう。

ペルシアンナイト

2番人気に評価された前走の「安田記念」は、まさかの6着に終わった。昨年のG1「マイルチャンピオンシップ」を勝っていることから「マイラー」だと思われてきたが、2走前、芝2000MのG1「大阪杯」で2着に激走したように、やや中距離よりかも知れない。前走に続いての東京芝1600Mは歓迎ではないということになるが、それでもG3なら地力でカバーできる可能性は高い。

ジャンダルム

昨年の阪神のマイルでデビューし勝利。2戦目ではマイルのG2「デイリー杯2歳S」を制しており、マイル適性は高そうな一頭。その後は「ホープフルS」で2着に好走し、今年は「弥生賞」でも3着に好走。徐々に距離を伸ばして今年はクラシック路線へと進んだが「皐月賞」では9着、「日本ダービー」では17着に大敗。過去のマイルでの実績や、母親がビリーヴという血統的な後押しもあり、マイルならと期待したくなる一頭ではある。

 

他では「関屋記念京成杯オータムH」でともに2着と力をつけているワントゥワン、「ヴィクトリアマイル」3着のレッドアヴァンセ、「京成杯オータムH」で3着のロジクライ辺りが上位争いを演じるのか・・。

 

また、ペルシアンナイトは59㎏の斤量が気になる。それを考えるとエアスピネルの57㎏はかなりのアドバンテージか?

 

どちらにしましても、週末までにもう少し情報収集した結果を、前日夜にUPしたいと思いますので、引き続き、宜しくお願いします。

 

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

 

[http:// ]

 

[http:// ]

ブロトピ:ブログ更新しました♪ ブロトピ:競馬予想 ブロトピ:旅行