s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

はたして本当に競馬で儲けることは可能か – 日経新春杯 - 見解等

今週末の京都競馬場で行われる「日経新春杯」について、個人的見解を中心にUPしています。

ハンデ戦でありながら、過去10年で単勝1番人気馬の3着内率が80%と高いレース。

ここは先ず簡単なデータから。過去10年の単勝人気別成績では、1番人気馬が3勝、2番人気馬が4勝を挙げている。また、過去10年の負担重量別成績を調べると、52㎏以下で優勝した馬は2頭いるが、いずれも単勝10番人気以下だった。54㎏は2勝、55㎏は3勝をあげている。

過去10年の前走別成績をまとめてみると、有馬記念から臨んだ馬が2勝、3歳限定GⅠ「菊花賞日本ダービー」から臨んだ馬が3勝を挙げている。

また、過去3年の日経新春杯では、「2走前が2着または3着だった」という馬が優勝している。

個人的には「日経新春杯」は荒れるというイメージだが、単勝1番人気は上記データからも信用できそうなので、ヒモが荒れていたのか・・??

今回人気になりそうなのは ムイトオブリガード、グローリーヴェイズ、メイショウテッコン辺りになるのだろうか。

ムイトオブリガード

前走の「アルゼンチン共和国杯」では、1番人気で結果的には勝ち馬から0.1秒差の2着。前残りでスローペースの中、上がり3ハロンでは最速タイムをマークしていた点も含め、力負けではなく敗因は位置取りの差か。重賞で0.1秒差なら今回は突き抜ける事が出来るか。

グローリーヴェイズ

前走の「菊花賞」は、上がり最速タイのタイム(33秒9)をマークしながらも5着。位置取りの差が出たが、長く良い脚を使えることと、瞬発力を武器に今回どこまで迫れるか注目の一頭だ。

メイショウテッコン

菊花賞ではまさかの14着。神戸新聞杯では強豪馬相手に3着と粘っているように、自分のペースで運べるかどうかにかかっている。

その他では アフリカンゴールドウインテンダネス 辺りも人気の一角になりそうか。

どちらにしても、レースまでにもう少し情報収集した結果を、前日夜にUP予定ですので、引き続き、宜しくお願いします。

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

 

[http:// ]

 

[http:// ]

ブロトピ:ブログ更新しました♪ ブロトピ:競馬予想