s-johnny の競馬予想

週末の中央競馬予想ブログ

はたして本当に競馬で儲けることは可能か – 京成杯 - 見解等

今週末の中山競馬場で行われる「京成杯」について、個人的見解を中心にUPしています。

京成杯は、クラシック三冠第1戦となる皐月賞と同じ中山競馬場の芝2000メートルを舞台に行われる。

ここは先ず簡単なデータから。過去10年の出走馬の前走の着順別成績をまとめると、1着から5着の5組が好走率で上位となっている。優勝馬10頭中6頭は前走が500万下、1頭が未勝利だった。また、過去10年の出走馬について、通算出走回数別に成績を調べると、「3回」組と「4回」組が好走率で上位となっている。

過去10年の優勝馬の芝2000m戦における全成績を調べると、7頭はデビュー以降芝2000m戦に出走経験があり、いずれも3着以内に入っていた。芝2000mで4着以下に敗れた経験のない馬を上位に評価をした方がいい。

個人的には年末の「ホープフルS」がG1に格上げされ、年明け直ぐに行われるこの「京成杯」・・果たしてどちらが良いのか?どちらが必要なのか?と言う思いが有る(同距離、同競馬場)

 

さて、今回人気が予想されるのはシークレットラン、ランフォザローゼス、ダノンラスター辺りになるのか。

 

シークレットラン

葉牡丹賞では、2コーナー過ぎから、徐々に捲くり気味に進出したかと思えば、直線でも鮮やかに抜け出し、走破時計 1分59秒と言う堂々の2歳レコードで優勝。「ホープフルS」の勝ち時計より2秒近く速い。今回、前走と同条件でも有り、有力候補筆頭か。

ランフォザローゼス

葉牡丹賞では シークレットランの2着(0.2秒差) スタート直後から好位を確保できる素質は高く評価出来る。今回、乗り方ひとつでシークレットランへのリベンジの可能性は十分にありそうだ。

ダノンラスター

東京スポーツ杯2歳Sでは、スタートで後手を踏み、後方からのレースとなったが、最後の直線では目を引く伸び脚を見せ5着と健闘(0.3秒差) 今回スタートを決めれば、逆転の目は十分に有りそうだ。

カテドラル

3走前の新馬戦、そして2走前のオープン特別「野路菊ステークス」を連勝。期待された「東京スポーツ杯2歳S」では、まさかの11着敗戦。今回巻き返しが出来るのか? 注目の一頭でも有る。

その他では カフジジュピターリーガルメイン辺りも注目か・・。

 

どちらにしても、レースまでにもう少し情報収集した結果を、前日夜にUP予定です。引き続き、宜しくお願いします。

[http://にほんブログ村 競馬ブログへ
にほんブログ村]

[http://
最強競馬ブログランキングへ]

 

[http://]

 

[http:// ]

 

ブロトピ:ブログ更新しました♪ ブロトピ:競馬予想